中国の祝日・休日カレンダー 2018年

JAN (1月)
smtuwthfs
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
FEB (2月)
smtuwthfs
 1123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
MAR (3月)
smtuwthfs
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
APR (4月)
smtuwthfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
MAY (5月)
smtuwthfs
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
JUN (6月)
smtuwthfs
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
JULY (7月)
smtuwthfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
AUG (8月)
smtuwthfs
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
SEPT (9月)
smtuwthfs
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
OCT (10月)
smtuwthfs
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
NOV (11月)
smtuwthfs
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
DEC (12月)
smtuwthfs
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

中国の祝日 2018年

【確定版】2018年の中国の祝日と連休日程 --- 祝日名にマウスポインタをあわせると説明を表示します。
祝日名日付連休日程代替出勤日(平日扱い)
元旦元日(1月1日)は祝日ですが、中国では旧暦(農暦)に従って「春節」(Chinese New Year/旧正月)に新年を祝います。
このため、「元旦」はごく普通の休日で、一般市民の生活上はお正月の雰囲気はあまりありません。
1月1日(月)3連休 12月30日(土)~1月1日(月)なし
春節(旧正月)旧暦元旦のことを中国では春節と呼びます。日本で言うところの「旧正月」です。英語では「Chinese New Year」と言います。
中国ではもともと旧暦(農暦)の1月1日を「元旦」と呼んでいましたが、中華民国建国時に太陽暦が公用暦に採用されたため、従来の元旦(旧暦元旦)は「春節」と改称されました。
2018年の旧暦元日は2月16日です。旧暦大晦日の2月15日から2月21日まで7連休になります。2月11日(日)と24日(土)は代替出勤日となり、平日扱いです。
2019年以降の春節(旧暦元日)は次のとおりです。
 ○ 2019年の旧暦元日 2月5日
 ○ 2020年の旧暦元日 1月25日
 ○ 2021年の旧暦元日 2月12日
2月16日(金)7連休 2月15日(木)~21日(水)11日(日)、24日(土)
清明節「清明」とは、1年を24にわける「二十四節気」のうち、春分の次の節気です。春先の清らかな様子をあらわした「清浄明潔」という語を略した言葉です。
中国ではこの日にお墓参りをする風習があります。そのため「清明節」は「掃墓節」(Sao Mu Jie)とも呼ばれます。
清明の日は年によって若干移動します。2018年の清明日は4月5日(木)です。5日から7日(土)まで3連休になります。8日(日)は代替出勤日です。
4月5日(木)3連休 4月5日(木)~7日(土)4月8日(日)
労働節5月1日は、インターナショナルレイバーデー(メーデー)です。
メーデーは、米国の労働組合連盟が1886年5月1日におこなった統一ストライキや労働運動を起源とし、現在は多くの国で祝日とされています。とくに中国を始めベトナムや北朝鮮、ロシアなど(元)社会主義国ではいずれも祝日に指定されています。
2018年は、4月29日(日)から5月1日(火)まで3連休になります。28日(土)は代替出勤日です。
(※2007年までは7連休の「ゴールデンウィーク」でしたが、現在は3連休に短縮されています。)
5月1日(火)3連休 4月29日(日)~5月1日(火)4月28日(土)
端午節端午節は春節・中秋節とならぶ中華民族の三大節句のひとつですが、国定休日になったのは2008年からで、比較的新しい休日です。
中国でも端午節には「ちまき」(中国語では「粽子」(zong zi))を食べます。 中国の「粽子」は日本のちまきのようなお菓子っぽさがなく、おにぎりのように米粒の形状がはっきりした「食糧っぽい」食べ物です。
中国の端午節は旧暦の5月5日です。2018年は6月18日(月)にあたります。6月16日(土)から18日(月)まで3連休になります。
6月18日(月)3連休 6月16日(土)~18日(月)なし
中秋節中国の中秋節は旧暦8月15日です。中華民族の大切な祝日ですが、国定休日になったのは2008年からで、比較的新しい休日です。中秋節には、家族で月餅を食べる習慣があります。また、お世話になっている人に月餅を贈る習慣もあり、中秋節が近づくとデパートには高級月餅が並びます。
2018年の旧暦8月15日は新暦9月24日(月)です。22日(土)から24日(月)まで3連休になります。
9月24日(月)3連休 9月22日(土)~24日(月)なし
国慶節中華人民共和国の建国記念日です。1949年10月1日、毛沢東は天安門に立ち中華人民共和国の建国を宣言しました。
10月1日(月)から7日(日)まで7連休になります。9月29日(土)と30日(日)は代替出勤日です。
10月1日(月)7連休 10月1日(月)~7日(日)9月29日(土)、30日(日)
元旦(2019年)2019年の新年の3連休は、2018年12月30日から始まります。12月29日(土)は代替出勤日です。1月1日(火)3連休 12月30日(日)~1月1日(火)12月29日(土)

中国の祝日の出典

  1. 2018年の中国の祝日、休日の日程は、2017年11月30日に中央政府国務院から発表されました。
    国务院办公厅关于2018年部分节假日安排的通知
  2. 中国の法定休日を規定しているのは以下の法令です。
    全国年節及記念日放假弁法」(1949年12月23日発布 2013年12月11日最終改正)

備 考

  1. 中国では、祝日と日曜日または土曜日が重なるときは振替休日が設けられます。どの日が振替休日になるかについては、法則性はなく、その都度政府が決定して公告します。
    中国の祝日、連休日程の決まり方については、こちらの記事も参考にしてください。
    中国の法定休日制度について
  2. 法定休日扱いの祝日の日数は、元旦、清明節、労働節、端午節、中秋節はそれぞれ1日。春節(旧正月)および国慶節はそれぞれ3日間です(合計年間11日)。この法定休日に前後の日曜日、土曜日を移動して連結し、3連休または7連休が作られます。
  3. 法定休日とその他の休日(日曜日、土曜日およびその振替による休日)とでは、法律上の取り扱いが異なります。具体的には、たとえば休日出勤をした場合の割増賃金の割合が異なります。 法定祝日に出勤した場合は、通常の3倍の賃金が支払われます(中華人民共和国労働法第44条1項3号)。 その他の休日(日曜日、土曜日およびその振替による休日)は、通常の2倍の賃金になります(同2号)。
    1. この関係でとくに問題になるのは、春節期間中の休日出勤賃金の扱いです。春節は法定祝日3日に加えて日曜日、土曜日の振替で7連休になりますが、3倍賃金が適用になるのは旧暦元旦から旧暦3日までの3日間です(下表のとおり)。その他の4日間は、通常の日曜日、土曜日と同じく2倍の休日賃金が適用されます。
      旧暦大晦日元旦初二初三初四初五初六
      新暦2月15日16日17日18日19日20日21日
      賃金2倍3倍3倍3倍2倍2倍2倍
    2. 新暦新年、清明節、労働節、端午節、中秋節については、3連休のうち法定祝日に指定されている1日のみが3倍賃金となり、その他の2日間は2倍賃金です。
      新暦新年12月30日12月31日1月1日
      賃金2倍2倍3倍
      清明節4月5日4月6日4月7日
      賃金3倍2倍2倍
      労働節4月29日4月30日5月1日
      賃金2倍2倍3倍
      端午節6月16日6月17日6月18日
      賃金2倍2倍3倍
      中秋節9月22日9月23日9月24日
      賃金2倍2倍3倍
    3. 国慶節の7連休は、最初の3日間が3倍賃金、その後の4日間は日曜日と土曜日が振り替えられたものなので2倍賃金になります。
      日付10月1日2日3日4日5日6日7日
      賃金3倍3倍3倍2倍2倍2倍2倍
    4. なお、日曜日、土曜日を振り替えた日(2倍賃金の日)については、代休を与えることによって割増賃金の支払いを免れることができますが、祝日(3倍賃金の日)については代休による処理は許されない規定になっています。
  4. 旧正月(春節)の前後1カ月くらいの期間は、「春運」と称される全国的な帰省ラッシュがあります。この期間中に中国国内で長距離移動する延べ人数は20億人を超えるといわれ、鉄道の切符は入手困難になります。飛行機のチケットは旧正月の前後でも鉄道に比べると入手しやすいです。
  5. 春と秋に開催される広州交易会の時期には、広州、深セン、東莞などのホテルは大変混雑します。この時期に華南を旅行するなら、早めの予約が必須です。
    広州交易会の日程は、公式サイトで確認できます(広州交易会オフィシャルサイト/日本語)