タイの祝日カレンダー 2024年

タイの祝日 1月-6月

Jan(1月)
SMTWTFS
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
Feb(2月)
SMTWTFS
123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829
Mar(3月)
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Apr(4月)
SMTWTFS
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
May(5月)
SMTWTFS
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
Jun(6月)
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
  • 新暦新年(ワン・ピーマイ)
    1月1日
    新暦(太陽暦)の元日です。
  • 万仏祭(マカ・ブーチャ)
    2月24日(26日に振替)
    禁酒日
    仏教の祭日。お釈迦さまが満月の日にウェールワン寺院で説法をした際に、悟りを得た1250人の僧侶たちが偶然に集まった、という故事にちなみます。
    旧暦に基づくため、毎年日程が変更されます。
  • チャクリー王朝記念日
    4月6日(8日に振替)
    ラーマ1世プラヤー・チャクリーが、1782年に現王朝のチャクリー王朝を立朝したことを記念する日。このときバンコクが首都と定められました。
  • 特別休日(2024年限り)
    4月12日
    2024年2月13日付閣議により臨時に公休日に指定されました。
  • 旧正月(ソンクラーン)
    4月13日-15日(16日に振替)
    タイの旧正月です。もとはタイ旧暦(チャントラカティ)に基づく祭日でしたが、現在はカレンダー上の日付が固定されています(毎年4月13日から15日の3日間)。
    水を掛けるお清めの儀式があることから、「水掛け祭り」とも呼ばれます。
    現代では新年を祝う意味合いは薄くなっていますが、タイのもっとも重要な祝日です。
  • レイバーディ
    5月1日
    *民間企業の休日
    労働者の日、メーデー(International Labour Day )です。民間企業のみ休みになります。
  • 国王戴冠記念日
    5月4日(6日に振替)
    現国王であるワチラーロンコーン国王の戴冠記念日です。
  • 農耕祭
    5月10日
    *官公庁の休日
    農耕祭の日取りは占星術で決まるので、日付は年によって変動します。当日はタイ国王室による田植えの儀式がおこなわれます。官公庁のみ休日になります。
  • 仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)
    5月22日
    禁酒日
    お釈迦さまの誕生、成道(悟りを開いたこと)、入滅(亡くなったこと)の3つを記念する祭日です。旧暦に基づくため、カレンダー上の日付は毎年変わります。
  • スティダー王妃誕生日
    6月3日
    現国王の王妃、スティダー王妃の誕生日(1978年6月3日)です。

タイの祝日 7月-12月

Jul(7月)
SMTWTFS
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
Aug(8月)
SMTWTFS
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Sep(9月)
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
Oct(10月)
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
Nov(11月)
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Dec(12月)
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
  • 三宝節(アサラハ・ブーチャ)
    7月20日(22日に振替)
    禁酒日
    お釈迦さまが5人の弟子に初めて説法をおこなったことを記念する祝日。これにより三宝(仏、法、僧)が揃ったことを祝う祝日です。
    旧暦に基づくため、毎年日程が変更されます。
  • 入安居(カオ・パンサー)
    7月21日
    禁酒日 / *官公庁の休日
    僧侶が雨季の修行期間に入る日です。旧暦に基づくため、毎年日程が変更されます。
    官公庁のみ休みとなります。
  • ワチラロンコン国王誕生日
    7月28日(29日に振替)
    ワチラロンコン現国王の誕生日(1952年7月28日)です。
  • シリキット大后記念日(母の日)
    8月12日
    前国王の王妃であるシリキット妃の誕生日(1932年8月12日)です。タイの「母の日」でもあります。
  • ラーマ9世記念日
    10月13日(14日に振替)
    前国王ラーマ九世の命日(2016年10月13日)です。
  • チュラロコーン大王記念日
    10月23日
    タイの近代化に偉大な業績を残したラマ5世チュラロンコーン大王(現国王ラマ9世プミポン国王の祖父)の命日です。
    チュラロコーン大王の主な業績には、議会制度の採用、奴隷制度の廃止、政府機関の効率化、鉄道や電話事業の創設、などがあります。
  • ラーマ9世誕生日
    12月5日
    前国王であるラーマ九世の誕生日(1927年12月5日)です。タイの「父の日」でもあります。
  • 憲法記念日
    12月10日
    1932年12月10日に初めての憲法が公布されたことを記念する日。
  • 特別休日(2024年限り)
    12月30日
    *金融機関は通常営業の予定
    2023年10月24日付閣議により臨時に休日に指定されました。
  • 大晦日
    12月31日
    新暦(太陽暦)の大晦日。

タイの祝日

新暦新年(ワン・ピーマイ)
1月1日
新暦(太陽暦)の元日です。
万仏祭(マカ・ブーチャ)
2月24日(26日に振替)
禁酒日
仏教の祭日。お釈迦さまが満月の日にウェールワン寺院で説法をした際に、悟りを得た1250人の僧侶たちが偶然に集まった、という故事にちなみます。
旧暦に基づくため、毎年日程が変更されます。
チャクリー王朝記念日
4月6日(8日に振替)
ラーマ1世プラヤー・チャクリーが、1782年に現王朝のチャクリー王朝を立朝したことを記念する日。このときバンコクが首都と定められました。
特別休日(2024年限り)
4月12日
2024年2月13日付閣議により臨時に公休日に指定されました。
旧正月(ソンクラーン)
4月13日-15日(16日に振替)
タイの旧正月です。もとはタイ旧暦(チャントラカティ)に基づく祭日でしたが、現在はカレンダー上の日付が固定されています(毎年4月13日から15日の3日間)。
水を掛けるお清めの儀式があることから、「水掛け祭り」とも呼ばれます。
現代では新年を祝う意味合いは薄くなっていますが、タイのもっとも重要な祝日です。
レイバーディ
5月1日
*民間企業の休日
労働者の日、メーデー(International Labour Day )です。民間企業のみ休みになります。
国王戴冠記念日
5月4日(6日に振替)
現国王であるワチラーロンコーン国王の戴冠記念日です。
農耕祭
5月10日
*官公庁の休日
農耕祭の日取りは占星術で決まるので、日付は年によって変動します。当日はタイ国王室による田植えの儀式がおこなわれます。官公庁のみ休日になります。
仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)
5月22日
禁酒日
お釈迦さまの誕生、成道(悟りを開いたこと)、入滅(亡くなったこと)の3つを記念する祭日です。旧暦に基づくため、カレンダー上の日付は毎年変わります。
スティダー王妃誕生日
6月3日
現国王の王妃、スティダー王妃の誕生日(1978年6月3日)です。
三宝節(アサラハ・ブーチャ)
7月20日(22日に振替)
禁酒日
お釈迦さまが5人の弟子に初めて説法をおこなったことを記念する祝日。これにより三宝(仏、法、僧)が揃ったことを祝う祝日です。
旧暦に基づくため、毎年日程が変更されます。
入安居(カオ・パンサー)
7月21日
禁酒日 / *官公庁の休日
僧侶が雨季の修行期間に入る日です。旧暦に基づくため、毎年日程が変更されます。
官公庁のみ休みとなります。
ワチラロンコン国王誕生日
7月28日(29日に振替)
ワチラロンコン現国王の誕生日(1952年7月28日)です。
シリキット大后記念日(母の日)
8月12日
前国王の王妃であるシリキット妃の誕生日(1932年8月12日)です。タイの「母の日」でもあります。
ラーマ9世記念日
10月13日(14日に振替)
前国王ラーマ九世の命日(2016年10月13日)です。
チュラロコーン大王記念日
10月23日
タイの近代化に偉大な業績を残したラマ5世チュラロンコーン大王(現国王ラマ9世プミポン国王の祖父)の命日です。
チュラロコーン大王の主な業績には、議会制度の採用、奴隷制度の廃止、政府機関の効率化、鉄道や電話事業の創設、などがあります。
ラーマ9世誕生日
12月5日
前国王であるラーマ九世の誕生日(1927年12月5日)です。タイの「父の日」でもあります。
憲法記念日
12月10日
1932年12月10日に初めての憲法が公布されたことを記念する日。
特別休日(2024年限り)
12月30日
*金融機関は通常営業の予定
2023年10月24日付閣議により臨時に休日に指定されました。
大晦日
12月31日
新暦(太陽暦)の大晦日。

備考

  1. カレンダー内のマーキングの色の意味は次のとおりです。
    • 赤 … 一般的な祝日
    • 黄 … 民間企業の休日
    • 緑 … 官公庁の休日
    • 青 … 2024年のみの臨時の休日
  2. タイには、日本や米国のような、年間の祝日をまとめて規定する法律はありません。上記のカレンダーは、
    • (1) 毎年前年7月ころにタイ銀行(中央銀行)が官報に発表する金融機関休業日
    • (2) 官公庁の休日(農耕祭および入安居)
    • (3) その他、政府が閣議等で臨時に定める休日
    を一覧にしたものです。 企業によっては、これと異なる日程を定めることもあります(とくに振替休日の扱いはまちまちです)。
  3. タイの銀行休業日については、下記のタイ中央銀行(Bank of Thailand)のサイトに一覧があります。
    The Bank of Thailand "Financial Institutions Holiday"
  4. タイで使われている仏滅紀元は、釈迦が入滅した翌年の西暦紀元前543年を仏滅紀元元年とするもので、西暦2024年はタイ仏暦2567年です。
  5. 以下の祝日は、旧暦(太陰暦)により定まるため、太陽暦上の日付は毎年変わります。
    ・万仏節 旧暦3月15日
    ・仏誕節 旧暦6月15日
    ・三宝節 旧暦8月15日
    ・入安居 旧暦8月16日

    また、農耕祭は占星術によって年ごとに日取りが決まります。
  6. 仏教の重要な祭日(万仏祭、仏誕節、三宝節、入安居、出安居)、および選挙日には、タイ全土で公共の場での飲酒、酒類の販売が禁止されます。
  7. 上記のカレンダーはバンコク地方を基準にしています。他の地域では一部の祝日や銀行営業日が異なる場合があります。