中国の祝日カレンダー 2022年

中国の祝日 1月-6月

Jan(1月)
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Feb(2月)
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
Mar(3月)
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
Apr(4月)
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
May(5月)
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
Jun(6月)
SMTWTFS
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
カレンダーに日本の祝日を表示する
  • 元日
    1月1日
    3連休 / 1月1日(土)~3日(月)
    元日(1月1日)は祝日ですが、中国では旧暦(農暦)を基準に「旧正月」(Chinese New Year/春節)に新年を祝います。このため、1月1日はごく普通の休日で、一般市民の生活上はお正月の雰囲気はあまりありません。
  • 春節(旧正月)
    2月1日
    7連休 / 1月31日(月)~2月6日(日)
    【振替出勤日】 1月29日(土)、30日(日)
    2022年の旧暦元日は2月1日です。
    法定の祝日は3日間ですが、政令により直近の日曜日・土曜日を振り替えて、旧暦大晦日の1月31日から2月6日まで7連休になります。
    旧暦元旦のことを中国では春節と呼びます。日本で言うところの「旧正月」です。英語では「Chinese New Year」と言います。
    中国ではもともと旧暦(農暦)の1月1日を「元旦」と呼んでいましたが、1912年の中華民国建国時に太陽暦が公用暦に採用されたため、従来の太陰暦の元旦(旧暦元旦)は「春節」と改称されました。
    2023年以降の春節(旧暦元日)は次のとおりです。
     ○ 2023年の旧暦元日 1月22日
     ○ 2024年の旧暦元日 2月10日
     ○ 2025年の旧暦元日 1月29日
  • 清明節
    4月5日
    3連休 / 4月3日(日)~5日(火)
    【振替出勤日】 4月2日(土)
    「清明」とは、1年を24にわける「二十四節気」のうち、春分の次の節気です。春先の清らかな様子をあらわした「清浄明潔」という語を略した言葉です。
    清明の日は年によって若干移動します。2022年の清明日は4月5日(火)です。政令により、3日(日)から5日(火)まで3連休になります。
    中国ではこの日にお墓参りをする風習があります。そのため「清明節」は「掃墓節」(Sao Mu Jie)とも呼ばれます。
  • 労働節
    5月1日
    5連休 / 4月30日(土)~5月4日(水)
    【振替出勤日】 4月24日(日)、5月7日(土)
    5月1日は、インターナショナルレイバーデー(メーデー)です。
    法定の祝日は1日のみですが、政令により前後の日曜日・土曜日を移動して連休がつくられます。
    2007年までは7連休の「ゴールデンウィーク」でしたが、2008年から3連休に短縮されました。近年は、2019年は4連休、2020年以降は5連休と、ふたたび長期化しつつあります。
    メーデーは、米国の労働組合連盟が1886年5月1日におこなった統一ストライキや労働運動を起源とし、現在は多くの国で祝日とされています。とくに中国を始めベトナムや北朝鮮、ロシアなど(元)社会主義国ではいずれも祝日に指定されています。
  • 端午節
    6月3日
    3連休 / 6月3日(金)~5日(日)
    中国の端午節は旧暦5月5日です。2022年は6月3日(金)にあたります。
    端午節は春節・中秋節とならぶ中華民族の三大節句のひとつですが、国定休日になったのは2008年からで、比較的新しい休日です。
    中国でも端午節には「ちまき」(中国語では「粽子」(zong zi))を食べます。中国の「粽子」は日本のちまきのようなお菓子っぽさがなく、おにぎりのように米粒の形状がはっきりした「食糧っぽい」食べ物です。

中国の祝日 7月-12月

Jul(7月)
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Aug(8月)
SMTWTFS
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
Sep(9月)
SMTWTFS
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
Oct(10月)
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Nov(11月)
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
Dec(12月)
SMTWTFS
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カレンダーに日本の祝日を表示する
日本の祝日を表示する
  • 中秋節
    9月10日
    3連休 / 9月10日(土)~12日(月)
    中国の中秋節は旧暦8月15日です。2022年は9月10日(土)にあたります。政令により10日(土)から12日(月)まで3連休になります。
    中華民族の大切な祝日ですが、国定休日になったのは2008年からで、比較的新しい休日です。中秋節には、家族で月餅を食べる習慣があります。また、お世話になっている人に月餅を贈る習慣もあり、中秋節が近づくとデパートには高級月餅が並びます。ハーゲンダッツもアイスクリーム製の月餅を売ります。
  • 国慶節
    10月1日
    7連休 / 10月1日(土)~7日(金)
    【振替出勤日】10月8日(土)、10月9日(日)
    10月1日は、中華人民共和国の建国記念日です。1949年10月1日、毛沢東は天安門に立ち中華人民共和国の建国を宣言しました。
    法定の祝日は3日間ですが、政令により直近の日曜日および土曜日を振り替えて、例年7連休になります。

中国の祝日

元旦
1月1日
3連休 / 1月1日(土)~3日(月)
元日(1月1日)は祝日ですが、中国では旧暦(農暦)を基準に「旧正月」(Chinese New Year/春節)に新年を祝います。このため、1月1日はごく普通の休日で、一般市民の生活上はお正月の雰囲気はあまりありません。
春節
(旧正月)
2月1日
7連休 / 1月31日(月)~2月6日(日)
【振替出勤日】 1月29日(土)、30日(日)
2022年の旧暦元日は2月1日です。
法定の祝日は3日間ですが、政令により直近の日曜日・土曜日を振り替えて、旧暦大晦日の1月31日から2月6日まで7連休になります。
旧暦元旦のことを中国では春節と呼びます。日本で言うところの「旧正月」です。英語では「Chinese New Year」と言います。
中国ではもともと旧暦(農暦)の1月1日を「元旦」と呼んでいましたが、1912年の中華民国建国時に太陽暦が公用暦に採用されたため、従来の太陰暦の元旦(旧暦元旦)は「春節」と改称されました。
2023年以降の春節(旧暦元日)は次のとおりです。
 ○ 2023年の旧暦元日 1月22日
 ○ 2024年の旧暦元日 2月10日
 ○ 2025年の旧暦元日 1月29日
清明節
4月5日
3連休 / 4月3日(日)~5日(火)
【振替出勤日】 4月2日(土)
「清明」とは、1年を24にわける「二十四節気」のうち、春分の次の節気です。春先の清らかな様子をあらわした「清浄明潔」という語を略した言葉です。
清明の日は年によって若干移動します。2022年の清明日は4月5日(火)です。政令により、3日(日)から5日(火)まで3連休になります。
中国ではこの日にお墓参りをする風習があります。そのため「清明節」は「掃墓節」(Sao Mu Jie)とも呼ばれます。
労働節
5月1日
5連休 / 4月30日(土)~5月4日(水)
【振替出勤日】 4月24日(日)、5月7日(土)
5月1日は、インターナショナルレイバーデー(メーデー)です。
法定の祝日は1日のみですが、政令により前後の日曜日・土曜日を移動して連休がつくられます。
2007年までは7連休の「ゴールデンウィーク」でしたが、2008年から3連休に短縮されました。近年は、2019年は4連休、2020年以降は5連休と、ふたたび長期化しつつあります。
メーデーは、米国の労働組合連盟が1886年5月1日におこなった統一ストライキや労働運動を起源とし、現在は多くの国で祝日とされています。とくに中国を始めベトナムや北朝鮮、ロシアなど(元)社会主義国ではいずれも祝日に指定されています。
端午節
6月3日
3連休 / 6月3日(金)~5日(日)
中国の端午節は旧暦5月5日です。2022年は6月3日(金)にあたります。
端午節は春節・中秋節とならぶ中華民族の三大節句のひとつですが、国定休日になったのは2008年からで、比較的新しい休日です。
中国でも端午節には「ちまき」(中国語では「粽子」(zong zi))を食べます。中国の「粽子」は日本のちまきのようなお菓子っぽさがなく、おにぎりのように米粒の形状がはっきりした「食糧っぽい」食べ物です。
中秋節
9月10日
3連休 / 9月10日(土)~12日(月)
中国の中秋節は旧暦8月15日です。2022年は9月10日(土)にあたります。政令により10日(土)から12日(月)まで3連休になります。
中華民族の大切な祝日ですが、国定休日になったのは2008年からで、比較的新しい休日です。中秋節には、家族で月餅を食べる習慣があります。また、お世話になっている人に月餅を贈る習慣もあり、中秋節が近づくとデパートには高級月餅が並びます。ハーゲンダッツもアイスクリーム製の月餅を売ります。
国慶節
10月1日
7連休 / 10月1日(土)~7日(金)
【振替出勤日】10月8日(土)、10月9日(日)
10月1日は、中華人民共和国の建国記念日です。1949年10月1日、毛沢東は天安門に立ち中華人民共和国の建国を宣言しました。
法定の祝日は3日間ですが、政令により直近の日曜日および土曜日を振り替えて、例年7連休になります。

祝日の出典

  1. 2022年の中国の祝日、休日の日程は、2021年10月25日に中央政府国務院から発表されました。
    国务院办公厅关于2022年部分节假日安排的通知」(国办发明电〔2021〕11号)
  2. 中国の法定休日を規定しているのは以下の法令です。
    全国年節及記念日放假弁法」(1949年12月23日発布 2013年12月11日最終改正)

備考

  1. 中国では、祝日と日曜日または土曜日が重なるときは振替休日が設けられます。どの日が振替休日になるかについては、法則性はなく、その都度政府が決定して公告します。
  2. 法定休日となる祝日の日数は、元旦、清明節、労働節、端午節、中秋節はそれぞれ1日。春節(旧正月)および国慶節はそれぞれ3日間です(合計年間11日)。
    この法定休日に、政令によって直近の日曜日、土曜日を移動して連結し、連休をつくります。連休は原則として3連休または7連休ですが、変則的な日程が組まれることもあります。
    中国の祝日、連休日程の決まり方については、こちらの記事も参考にしてください。
    中国の法定休日制度について
  3. 労働節は2007年までは7連休でした。2008年から2018年までは3連休に短縮されていましたが、2019年は4連休、2020年以降は5連休と、近年は再び長期化しています(増加分は前後の日曜日・土曜日の振り替えで処理されるため、これによる年間休日日数の増減はありません)。
  4. 中国の祝日には、旧暦の日付で日程がきまるものがあります。
     旧正月 旧暦1月1日
     端午節 旧暦5月5日
     中秋節 旧暦8月15日
    中国の「旧暦」とは、月の満ち欠けを基準とする太陰暦のことです。現地では「農暦」(nong li)と呼ばれます。
    1912年に孫文の中華民国が成立した際に、公用暦が太陰暦から太陽暦(グレゴリオ暦)に切り替えられました。これにより普段の社会生活は西欧と同じカレンダーで営まれることになりましたが、中華民族伝統の祭日は、いまも太陰暦の日付で祝われます。このため、これらの祝日は、カレンダー上の日付が毎年変わります。
  5. 1912年を民国元年とする「中華民国暦」(日本の元号に相当)は、台湾ではいまも普通に使われますが、わたしが知る限り中国本土では「一切」使用されません。年の表記は公文書でも西暦です。