ベトナムの祝日カレンダー 2022年

ベトナムの祝日 1月-6月

Jan(1月)
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Feb(2月)
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
Mar(3月)
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
Apr(4月)
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
May(5月)
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
Jun(6月)
SMTWTFS
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
カレンダーに日本の祝日を表示する
  • 新年
    1月1日(3日に振替)
    ベトナムでは伝統的に旧暦(太陰暦)で新年を祝うので、西暦の1月1日にはお正月の雰囲気はあまりなく、一般的な休日です。
  • テト(旧正月)
    1月31日–2月4日
    テトは、旧暦(太陰暦)の元日(旧正月)です。旧暦にもとづく祭日なので、西暦上の日付は毎年変わります。2022年の旧暦元日は新暦の2月1日です。この日を挟む前後1週間程度が休日になります。休日の日程は毎年異なり、前年の10月頃に政府が決定して公告します。
  • 雄王(フンヴォン)記念日(旧暦3月10日)
    4月10日(4月11日に振替)
    伝説上のベトナム最初の国家「文郎国」(Văn Lang )の統治者雄王(フンヴォン)を記念する祝日。文郎国は紀元前2879年建国と伝えられています。2007年に正式に国民の祝日とされました。旧暦による祝日なので、西暦上の日付は毎年変わります。
  • 南部ベトナム解放記念日(サイゴン陥落の日)
    4月30日(5月2日に振替)
    ベトナム戦争の終戦を祝う日。ベトナム戦争は、共産主義の北ベトナムと、米国を後ろ盾とする南ベトナムとの間で15年に渡って戦われました。1975年4月30日に南ベトナムの首都サイゴン(ホーチミン)が陥落し、南ベトナムは無条件降伏。翌1976年4月に南北ベトナムが統一されました。
  • メーデー / 労働者の日
    5月1日(5月3日に振替)
    インターナショナル・レイバーデーです。世界の80以上の国が5月1日を祝日(労働者の日)に定めています。

ベトナムの祝日 7月-12月

Jul(7月)
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Aug(8月)
SMTWTFS
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
Sep(9月)
SMTWTFS
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
Oct(10月)
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Nov(11月)
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
Dec(12月)
SMTWTFS
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カレンダーに日本の祝日を表示する
日本の祝日を表示する
  • 建国記念日(独立記念日)
    9月1日–2日
    建国記念日は9月2日です。毎年9月2日およびその前後(9月1日または3日)いずれか1日を政府が指定して2連休になります。
    1945年9月2日、ベトナム民主共和国臨時政府の指導者ホー・チ・ミンは、ハノイのバーディン広場で独立宣言を読み上げます。
    その後、約8年間の戦争(第一次インドネシア戦争)を経て、ベトナムはフランスから独立しました。

ベトナムの祝日

新年
1月1日(3日に振替)
ベトナムでは伝統的に旧暦(太陰暦)で新年を祝うので、西暦の1月1日にはお正月の雰囲気はあまりなく、一般的な休日です。
テト(旧正月)
1月31日–2月4日(旧暦正月)
テトは、旧暦(太陰暦)の元日(旧正月)です。旧暦にもとづく祭日なので、西暦上の日付は毎年変わります。2022年の旧暦元日は新暦の2月1日です。この日を挟む前後1週間程度が休日になります。休日の日程は毎年異なり、前年の10月頃に政府が決定して公告します。
雄王(フンヴォン)記念日(旧暦3月10日)
4月10日(4月11日に振替)
伝説上のベトナム最初の国家「文郎国」(Văn Lang )の統治者雄王(フンヴォン)を記念する祝日。文郎国は紀元前2879年建国と伝えられています。2007年に正式に国民の祝日とされました。旧暦による祝日なので、西暦上の日付は毎年変わります。
南部ベトナム解放記念日(サイゴン陥落の日)
4月30日(5月2日に振替)
ベトナム戦争の終戦を祝う日。ベトナム戦争は、共産主義の北ベトナムと、米国を後ろ盾とする南ベトナムとの間で15年に渡って戦われました。1975年4月30日に南ベトナムの首都サイゴン(ホーチミン)が陥落し、南ベトナムは無条件降伏。翌1976年4月に南北ベトナムが統一されました。
メーデー / 労働者の日
5月1日(5月3日に振替)
インターナショナル・レイバーデーです。世界の80以上の国が5月1日を祝日(労働者の日)に定めています。
建国記念日(独立記念日)
9月1日–2日
建国記念日は9月2日です。毎年9月2日およびその前後(9月1日または3日)いずれか1日を政府が指定して2連休になります。
1945年9月2日、ベトナム民主共和国臨時政府の指導者ホー・チ・ミンは、ハノイのバーディン広場で独立宣言を読み上げます。
その後、約8年間の戦争(第一次インドネシア戦争)を経て、ベトナムはフランスから独立しました。

祝日の出典

  1. 2022年のベトナムの祝日・休日スケジュールは、2021年12月6日に労働傷病兵社会省から首相に正式提案されました。
    ベトナム労働傷病兵社会省ホームページ
  2. ベトナムの祝日は、労働法の第112条1項が定めています。
    ベトナム労働法(日本語訳 出典:JICA)
  3. テト(旧正月)の連休は、日曜日・土曜日の配置との兼ね合いで、毎年日程が変わります。具体的な連休のスケジュールは、前年10月頃に、ベトナム政府の「労働・傷病兵・社会省」が首相の裁可を経て発表します。

備考

  1. 労働法が規定する祝日が週休日と重なる場合は、次の平日に代休を取得することができます(労働法第111条3項)。
  2. ベトナムで勤務する外国人労働者は、ベトナム労働法が規定する祝日に加えて、その民族の伝統的な正月と、その国の建国記念日に、それぞれ1日の休みを取得できます(労働法第112条2項)。
  3. 2021年1月1日から新しい労働法が施行されました。祝日に関する変更点は以下のとおりです。
    • 建国記念日の休日が1日増えて2日間になりした(9月2日、およびその前日または翌日)。前日、翌日のいずれが休日になるかは、毎年、政府が決定します(第112条1項および3項)。
    • 振替休日に関する規定が、別の条に移動しました(第111条3項)。内容は変わりません。