シンガポールの祝日カレンダー 2021年

シンガポールの祝日 1月-6月

Jan(1月)
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Feb(2月)
SMTWTFS
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28
Mar(3月)
SMTWTFS
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
Apr(4月)
SMTWTFS
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
May(5月)
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Jun(6月)
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
  • 元日
    1月1日
    西暦(太陽暦)の元日(1月1日)です。
  • 春節(旧正月)
    2月12日、13日
    旧暦(太陰暦)の正月(チャイニーズ・ニューイヤー)です。旧暦の元旦とその翌日の2日間が休日です。シンガポールの華人社会のお正月です。
    旧正月は旧暦(太陰暦)に基づく行事なので、西暦(太陽暦)上の日付は毎年変わります。
  • グッドフライデー(聖金曜日)
    4月2日
    イエスキリストが十字架で処刑され、のちに復活した奇跡を記念する祭日です。復活祭(イースター)の2日前の金曜日からイースター当日(日曜日)まで3連休になります。
    イースターは「春分の後の最初の満月の次の日曜日」と決まっているため、カレンダー上の日付は毎年変わります。
  • レイバーデー(労働節)
    5月1日
    労働者の日です。社会主義国らしく、この日が祝日になっています。
  • ハリラヤプアサ(断食明け)
    5月13日
    断食(ラマダン)明けを祝うイスラム教の祭日です。イスラム暦に基づく祝日なので、西暦のカレンダー上の日付は毎年変わります。また、年度途中でも日程が変更される可能性があります。
  • ベサック・デイ(仏誕節)
    5月26日
    釈迦の誕生・大悟・入滅を記念する祝日(べサック・デイ)です。中国など東アジアでは釈迦の誕生日は旧暦4月8日とされますが、シンガポールでは旧暦4月15日が「べサック」の祝日です。旧暦で日程が決まるためカレンダー上の日付は毎年変わります。

シンガポールの祝日 7月-12月

Jul(7月)
SMTWTFS
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Aug(8月)
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
Sep(9月)
SMTWTFS
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
Oct(10月)
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Nov(11月)
SMTWTFS
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
Dec(12月)
SMTWTFS
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
  • ハリラヤハジ(聖地巡礼祭)
    7月20日
    イスラム教の祭日。イスラム教徒が聖地メッカに巡礼すべき期間(巡礼月)の最終日を祝います。イスラム暦に基づくため、西暦のカレンダー上の日付は毎年変わります。また、年度途中でも日程が変更される可能性があります。
  • 独立記念日
    8月9日
    シンガポールは1965年8月9日にマレーシアから独立しました。
    マレー系住民を優遇した当時のマレーシア中央政府と、華人の平等待遇を要求するシンガポール人民行動党との対立が激しくなり、華人主体のシンガポールがマレーシア連邦から分離独立することとなりました。
  • ディーパバリ(光の祭典)
    11月4日
    ヒンドゥー教徒のお正月です。ヒンドゥー暦に基づくため、西暦のカレンダー上の日付は毎年変わります。また、年度途中でも日程が変更される可能性があります。
  • クリスマス
    12月25日
    キリスト教の祭日です。シンガポール人の約2割がキリスト教徒です。

シンガポールの祝日

元日
1月1日
西暦(太陽暦)の元日(1月1日)です。
春節(旧正月)
2月12日、13日
旧暦(太陰暦)の正月(チャイニーズ・ニューイヤー)です。旧暦の元旦とその翌日の2日間が休日です。シンガポールの華人社会のお正月です。
旧正月は旧暦(太陰暦)に基づく行事なので、西暦(太陽暦)上の日付は毎年変わります。
グッドフライデー(聖金曜日)
4月2日
イエスキリストが十字架で処刑され、のちに復活した奇跡を記念する祭日です。復活祭(イースター)の2日前の金曜日からイースター当日(日曜日)まで3連休になります。
イースターは「春分の後の最初の満月の次の日曜日」と決まっているため、カレンダー上の日付は毎年変わります。
レイバーデー(労働節)
5月1日
労働者の日です。社会主義国らしく、この日が祝日になっています。
ハリラヤプアサ(断食明け)
5月13日
断食(ラマダン)明けを祝うイスラム教の祭日です。イスラム暦に基づく祝日なので、西暦のカレンダー上の日付は毎年変わります。また、年度途中でも日程が変更される可能性があります。
ベサック・デイ(仏誕節)
5月26日
釈迦の誕生・大悟・入滅を記念する祝日(べサック・デイ)です。中国など東アジアでは釈迦の誕生日は旧暦4月8日とされますが、シンガポールでは旧暦4月15日が「べサック」の祝日です。旧暦で日程が決まるためカレンダー上の日付は毎年変わります。
ハリラヤハジ(聖地巡礼祭)
7月20日
イスラム教の祭日。イスラム教徒が聖地メッカに巡礼すべき期間(巡礼月)の最終日を祝います。イスラム暦に基づくため、西暦のカレンダー上の日付は毎年変わります。また、年度途中でも日程が変更される可能性があります。
独立記念日
8月9日
シンガポールは1965年8月9日にマレーシアから独立しました。
マレー系住民を優遇した当時のマレーシア中央政府と、華人の平等待遇を要求するシンガポール人民行動党との対立が激しくなり、華人主体のシンガポールがマレーシア連邦から分離独立することとなりました。
ディーパバリ(光の祭典)
11月4日
ヒンドゥー教徒のお正月です。ヒンドゥー暦に基づくため、西暦のカレンダー上の日付は毎年変わります。また、年度途中でも日程が変更される可能性があります。
クリスマス
12月25日
キリスト教の祭日です。シンガポール人の約2割がキリスト教徒です。

祝日の出典

  1. シンガポール労働省(Ministry of Manpower)ウェブサイト
    「Public Holidays 2021」
  2. シンガポール「祝日法」
    「Holidays Act」

備考

  1. シンガポールは多宗教国家です。シンガポール人の約3割が仏教徒、次に多いのはキリスト教(約2割)で、イスラム教、道教、ヒンドゥー教がこれに続きます。
    このため、仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教の各宗教の代表的な祭日が祝日になっています。
  2. シンガポールでは上記の祝日は労働法に基づく法定の有給休暇とされます。各人の宗教に関係なく、一律に適用されます。
  3. 祝日が日曜日と重なる場合は、次の平日が振替休日になります。
  4. シンガポールでは、前年の4月に、シンガポール労働省(Ministry of Manpower)が翌年の国定休日の日程を発表します。
    ただし、「ハリラヤ・プアサ」、「ハリラヤ・ハジ」、「ディーパバリ」の3つの祝日は、イスラム暦、ヒンドゥー暦にもとづいて日程が定まるため、発表後に変更される可能性があります。