フィリピンの祝日カレンダー 2023年

フィリピンの祝日 1月-6月

Jan(1月)
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
Feb(2月)
SMTWTFS
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
Mar(3月)
SMTWTFS
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
Apr(4月)
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
May(5月)
SMTWTFS
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
Jun(6月)
SMTWTFS
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
カレンダーに日本の祝日を表示する
  • 新年
    1月1日
    新年の祝日
  • 特別休日
    1月2日
    *2022年11月11日付大統領令により追加。
    フィリピンには法定の振替休日制度はありませんが、このように大統領令によって振替がおこなわれることがあります
  • エドゥサ革命の日
    2月25日
    エドゥサは、マニラの幹線道路の名称。1986年2月、マルコス独裁政権の選挙不正に抗議する市民100万人がエドゥサ通りに集まり、デモをおこないました。やがて軍幹部にも離反されたマルコスは米国に亡命。1986年2月25日、民衆の支持を受けたコニー・アキノが第11代大統領に就任。民主主義の実現を祝う記念日です。
  • 聖木曜日
    4月6日
    復活祭(イースター)の3日前。イエス・キリストと弟子たちの「最後の晩餐」を記念する日。
    復活祭は「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」なので、カレンダー上の日付は毎年変わります。
  • 聖金曜日
    4月7日
    復活祭の2日前。イエス・キリストの受難(十字架刑)を偲ぶ祭日。
  • 聖土曜日
    4月8日
    復活祭前日。フィリピン国民の83%を占めるカトリックでは、聖土曜日は喪に服す日(Black Saturday)とされており、この日には冠婚葬祭はおこなわれません。
  • 勇者の日
    4月9日10日
    *2022年11月11日付大統領令により日程変更。
    第2次世界大戦中の「バターン死の行進」 (Death March) の犠牲者を追悼する記念日。1942年4月9日、マニラ近郊のバターン半島を制圧した日本軍は、捕虜の米国軍人、フィリピン軍人(計約7万6000名)を遠方の収容所まで徒歩で移動させ、傷病・衰弱により多くの死者を出しました。
  • イスラム教断食明け大祭
    4月下旬ころ
    *日程は後日発表
    ラマダン(イスラム歴第9月)の断食の終わりを祝う祝日。フィリピンでは国民の約5%がイスラム教徒。南部のミンダナオ島・スールー諸島にはイスラム教徒の自治政府(バンサモロ自治地域)があります。イスラム暦によって日程が決まるため、カレンダー上の日付は毎年変わります。
  • メーデー
    5月1日
    インターナショナル・レイバーデイ
  • 独立記念日
    6月12日
    フィリピンがスペインの植民地だった1898年の「独立宣言」を記念する祝日。しかし、フィリピンはこのとき独立を果たせず、スペインからフィリピンを割譲された米国との間で交戦状態(米比戦争)になります。米国がフィリピン独立を正式に承認したのは独立宣言から48年後、第二次世界大戦後の1946年。
  • イスラム教犠牲祭
    6月下旬ころ
    *日程は後日発表
    イスラム教の祝日。巡礼月(イスラム暦第12月)の10日。神(アッラー)への捧げ物として、羊・牛・山羊などを屠殺し、貧しい人々と分け合う慣習があります。イスラム暦によって日程が定まるため、カレンダー上の日付は毎年変わります。

フィリピンの祝日 7月-12月

Jul(7月)
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Aug(8月)
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
Sep(9月)
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Oct(10月)
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
Nov(11月)
SMTWTFS
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
Dec(12月)
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
カレンダーに日本の祝日を表示する
日本の祝日を表示する
  • ニノイアキノ記念日
    8月21日
    マルコス独裁政権を批判し、1983年8月21日にマニラ空港で暗殺されたベニグノ(ニノイ)・アキノ元上院議員を追悼する記念日。マルコス失脚後に第11代大統領に就任したコニー・アキノは、彼の妻。第15代大統領ベニグノ・アキノ3世は長男。
  • 英雄の日
    8月28日
    8月最終月曜日
    フィリピン独立に貢献したすべての英雄を讃える記念日。独立運動の端緒となった反乱(スペインの課税を拒否する呼びかけ)が1896年8月だったことから8月が選ばれた。
  • 諸聖人の日
    11月1日
    カトリック教会の祝日。全ての聖人と殉教者を記念する日。「聖人」とは、キリストの模範に従い、その教えを完全に実行したことにより、教会から聖人と認定された人のこと。
  • 万霊節
    11月2日
    カトリック教会の祝日。逝去した全ての信者の霊のために祈る日。大統領令により、特別休日(Special Non-Working Day)として、臨時に休日に指定されました。
  • ボニファシオ記念日
    11月30日27日
    *2022年11月11日付大統領令により日程変更。
    スペインからの独立運動に功績があったアンドレス・ボニファシオ(1863年11月30日–1897年)の誕生を記念する祝日。
  • 無原罪の聖マリアの祝日
    12月8日
    聖母マリアの母親アンナ(イエスの祖母)がマリアをみごもったことを記念する祝日。「無原罪」とは、存在の初めから汚れと穢れがないこと。カトリックの教義では、アンナは神の恵みの特別なはからいによってマリアをみごもったとされる(無原罪懐胎)。
  • クリスマス
    12月25日
    国民の93%がキリスト教徒(カトリック83%、その他10%)のフィリピンでは、とても大切な祝日です。
  • リサール記念日
    12月30日
    ホセ・リサール(1861年–1896年)は、スペインからの独立運動に貢献した革命家で、フィリピンの国民的英雄。12月30日は、リサールがスペイン軍により処刑された日。
  • 大晦日
    12月31日
    大統領令により、特別休日(Special Non-Working Day)として、臨時に休日に指定されました。

フィリピン(全国共通の祝日)

新年
1月1日
新年の祝日
特別休日
1月2日
*2022年11月11日付大統領令により追加。
フィリピンには法定の振替休日制度はありませんが、このように大統領令によって振替がおこなわれることがあります。
エドゥサ革命の日
2月25日
エドゥサは、マニラの幹線道路の名称。1986年2月、マルコス独裁政権の選挙不正に抗議する市民100万人がエドゥサ通りに集まり、デモをおこないました。やがて軍幹部にも離反されたマルコスは米国に亡命。1986年2月25日、民衆の支持を受けたコニー・アキノが第11代大統領に就任。民主主義の実現を祝う記念日です。
聖木曜日
4月6日
復活祭(イースター)の3日前。イエス・キリストと弟子たちの「最後の晩餐」を記念する日。
復活祭は「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」なので、カレンダー上の日付は毎年変わります。
聖金曜日
4月7日
復活祭の2日前。イエス・キリストの受難(十字架刑)を偲ぶ祭日。
聖土曜日
4月8日
復活祭前日。フィリピン国民の83%を占めるカトリックでは、聖土曜日は喪に服す日(Black Saturday)とされており、この日には冠婚葬祭はおこなわれません。
勇者の日
4月9日10日
*2022年11月11日付大統領令により日程変更。
第2次世界大戦中の「バターン死の行進」 (Death March) の犠牲者を追悼する記念日。1942年4月9日、マニラ近郊のバターン半島を制圧した日本軍は、捕虜の米国軍人、フィリピン軍人(計約7万6000名)を遠方の収容所まで徒歩で移動させ、傷病・衰弱により多くの死者を出しました。
イスラム教断食明け大祭
4月下旬ころ
*日程は後日発表
ラマダン(イスラム歴第9月)の断食の終わりを祝う祝日。フィリピンでは国民の約5%がイスラム教徒。南部のミンダナオ島・スールー諸島にはイスラム教徒の自治政府(バンサモロ自治地域)があります。イスラム暦によって日程が決まるため、カレンダー上の日付は毎年変わります。
メーデー
5月1日
インターナショナル・レイバーデイ
独立記念日
6月12日
フィリピンがスペインの植民地だった1898年の「独立宣言」を記念する祝日。しかし、フィリピンはこのとき独立を果たせず、スペインからフィリピンを割譲された米国との間で交戦状態(米比戦争)になります。米国がフィリピン独立を正式に承認したのは独立宣言から48年後、第二次世界大戦後の1946年。
イスラム教犠牲祭
6月下旬ころ
*日程は後日発表
イスラム教の祝日。巡礼月(イスラム暦第12月)の10日。神(アッラー)への捧げ物として、羊・牛・山羊などを屠殺し、貧しい人々と分け合う慣習があります。イスラム暦によって日程が定まるため、カレンダー上の日付は毎年変わります。
ニノイ・アキノ記念日
8月21日
マルコス独裁政権を批判し、1983年8月21日にマニラ空港で暗殺されたベニグノ(ニノイ)・アキノ元上院議員を追悼する記念日。マルコス失脚後に第11代大統領に就任したコニー・アキノは、彼の妻。第15代大統領ベニグノ・アキノ3世は長男。
英雄の日
8月28日
8月最終月曜日
フィリピン独立に貢献したすべての英雄を讃える記念日。独立運動の端緒となった反乱(スペインの課税を拒否する呼びかけ)が1896年8月だったことから8月が選ばれた。
諸聖人の日
11月1日
カトリック教会の祝日。全ての聖人と殉教者を記念する日。「聖人」とは、キリストの模範に従い、その教えを完全に実行したことにより、教会から聖人と認定された人のこと。
万霊節
11月2日
カトリック教会の祝日。逝去した全ての信者の霊のために祈る日。大統領令により、特別休日(Special Non-Working Day)として、臨時に休日に指定されました。
ボニファシオ記念日
11月30日27日
*2022年11月11日付大統領令により日程変更。
スペインからの独立運動に功績があったアンドレス・ボニファシオ(1863年11月30日–1897年)の誕生を記念する祝日。
無原罪の聖マリアの祝日
12月8日
聖母マリアの母親アンナ(イエスの祖母)がマリアをみごもったことを記念する祝日。「無原罪」とは、存在の初めから汚れと穢れがないこと。カトリックの教義では、アンナは神の恵みの特別なはからいによってマリアをみごもったとされる(無原罪懐胎)。
クリスマス
12月25日
国民の93%がキリスト教徒(カトリック83%、その他10%)のフィリピンでは、とても大切な祝日です。
リサール記念日
12月30日
ホセ・リサール(1861年–1896年)は、スペインからの独立運動に貢献した革命家で、フィリピンの国民的英雄。12月30日は、リサールがスペイン軍により処刑された日。
大晦日
12月31日
大統領令により、特別休日(Special Non-Working Day)として、臨時に休日に指定されました。

地域・都市ごとの祝日

  1. 上記の祝日カレンダーは、全国共通の祝日を掲載しています。このほかに、各地方・都市でのみ実施される祝日があります。
  2. *2023年の地域性の祝日は、まだ公式に発表されていません。
    REGIONAL HOLIDAYS (Official Gazette )

備考

  1. フィリピンでは毎年8月頃に翌年の祝日日程が公式発表されます(ただし、その後に、大統領令などによって祝日の日程が変更・追加されることもよくあります)。
  2. イスラム教関連の祝日の日程は、「ムスリム委員会」がイスラム暦に基づいて決定します。このため、他の祝日より発表が遅れます(発表された日程がさらに変更されることもあります)。
  3. フィリピンの法定休日には、2つの種類があります。
    • 一般祝日(Regular Holiday)
    • 特別休日(Special Non-Working Day)

    (1)一般祝日は原則毎年実施される祝日です(年間12日)。特別休日は年によって日数が異なります。

    • 一般祝日(Regular Holiday)年間12日
    • 新年、勇者の日、聖木曜日、聖金曜日、メーデー、イスラム教断食明け大祭、独立記念日、イスラム教犠牲歳、英雄の日、ボニファシオ記念日、クリスマス、リサール記念日
    • 特別休日(Special Non-Working Day)
      • 近年、毎年実施されている特別休日
        エドゥサ革命の日、聖土曜日、ニノイ・アキノ記念日、諸聖人の日
      • 年によるもの
        中国旧正月、万霊節、無原罪の聖マリアの祝日、クリスマスイブ、大晦日、選挙投票日(国政、地方)、など

    (2)一般祝日と特別休日は、休日賃金の扱いが異なります。

    有給・無給割増賃金
    一般祝日有給100%
    特別休日有給にする義務なし30%

祝日の出典

  1. 2023年の全国共通の祝日日程は、下記のフィリピン政府の公式サイトで確認できます。
    NATIONWIDE HOLIDAYS(Official Gazette)
  2. 各地方ごとの祝日(休日)の一覧は、下記のページで確認できます。
    REGIONAL HOLIDAYS(Official Gazette)