香港の祝日カレンダー 2022年

香港の祝日 1月-6月

Jan(1月)
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Feb(2月)
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
Mar(3月)
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
Apr(4月)
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
May(5月)
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
Jun(6月)
SMTWTFS
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
カレンダーに日本の祝日を表示する
  • 元旦
    1月1日
    香港では旧暦1月1日(春節/チャイニーズ・ニューイヤー)に新年を祝うので、元日の街は比較的普通です。
  • 春節(旧正月)
    2月1日~3日
    中華圏のお正月は旧暦(太陰暦)の1月1日です。2022年は2月1日が旧暦元日です。香港では元日から3日間が祝日になります。
    2023年以降の旧暦元旦は以下の日程になります。
     2023年1月22日
     2024年2月10日
     2025年1月29日
  • 清明節(掃墓節)
    4月5日
    「清明」とは、1年を24に分ける「二十四節気」のうち、春分の次の節気です。春先の清らかな様子をあらわす「清浄明潔」という語をちぢめて「清明」といいます。
    中華圏では、清明節に墓参りをする習慣があります。日本でいえばお盆のようなものです。そのため「清明節」は「掃墓節」(Sao Mu Jie)とも呼ばれます。
  • 聖金曜日・耶蘇受難節(レント)
    4月15日、16日
    キリスト教の祭日です。
    イエス・キリストが十字架で処刑された日(聖金曜日)と翌日(土曜日)の2日間が耶蘇受難節(レント)の祝日です。
    イエスの復活を祝う復活祭(Easter)は、毎年「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」と定められており、その前々日が聖金曜日(Good Friday)になるので、この祝日の日程(日付)は毎年変わります。
  • 復活祭翌月曜日(イースター・マンデー)
    4月18日
    復活祭(イースター)の翌日(イースター・マンデー)は、ヨーロッパの多くの国と同様、香港でも祝日になっています。
  • 労働節・メーデー
    5月1日(2日に振替)
    労働者の日、インターナショナル・レイバー・デイ(メーデー)です。英国植民地時代の香港では祝日ではありませんでしたが(イギリス本国でもメーデーは法定休日ではありません)、返還の翌々年(1999年)から中国本土に倣って祝日とされました。
    ちなみに、労働節が祝日に加わった際に、年間祝日日数を一定に維持するために、その前年に祝日になったばかりの「抗日戦争勝利記念日」(8月第3月曜日)が公休日からはずれました。
  • 仏誕節
    5月8日(9日に振替)
    お釈迦様の誕生日。旧暦の4月8日です。香港が英国から中国に返還された1997年の翌々年(1999年)から祝日になりました。
  • 端午節
    6月3日
    香港の端午節は旧暦5月5日です。端午節の恒例行事としては、ドラゴンボート(龍舟)のレースが有名です。世界最大規模、100チーム以上が出場する赤柱(スタンレー)のレースのほか、香港仔、沙田、屯門など各所でドラゴンボートレースが開催されます。

香港の祝日 7月-12月

Jul(7月)
SMTWTFS
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Aug(8月)
SMTWTFS
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
Sep(9月)
SMTWTFS
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
Oct(10月)
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Nov(11月)
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
Dec(12月)
SMTWTFS
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カレンダーに日本の祝日を表示する
日本の祝日を表示する
  • 香港特別行政区成立記念日
    7月1日
    香港は1997年7月1日に英国から中国に返還されました。主権移譲の式典は、1997年6月30日の晩に、英国のチャールズ王子と江沢民中国国家主席が出席し、湾仔の香港会議展覧中心で挙行されました。
    毎年7月1日の朝には、香港の行政長官や行政会議議員、政府高官らが出席して、香港会議展覧中心前の金紫荊広場で記念式典がおこなわれます。
  • 中秋節の翌日
    9月11日(12日に振替)
    中秋節(旧暦8月15日)は中華圏の三大節句のひとつです。旧暦にもとづく祝日なので、毎年日付が変わります。2022年の中秋節は9月10日です。香港では中秋節の夜に家族で食事を共にする習慣があるため、その翌日が休日(祝日)になっています。2022年はさらに振替により翌月曜日(12日)が祝日になります。
  • 国慶日(中華人民共和国建国記念日)
    10月1日
    中華人民共和国の建国記念日(国慶節)です。1949年10月1日、毛沢東は北京の天安門の上に立って、中華人民共和国の成立を宣言しました。
  • 重陽節
    10月4日
    旧暦9月9日。二つの奇数(陽)が重なるため重陽節と呼ばれます。
    漢代の伝説にちなみ、この日には山登りなどのスポーツをするとよいと言われます。この日に墓参りをする家庭も多いようです。
  • クリスマス
    12月25日(27日に振替)
    中国語でクリスマスは聖誕節。香港では、仏教、道教の信者が多いのですが、歴史的経緯からキリスト教徒も7%程度います。ちなみに、日本ではキリスト教徒は人口の1%程度です。
  • クリスマスの次の平日
    12月26日
    香港ではクリスマスの次の平日(Boxing Day)も祝日になります。

香港の祝日

元日
1月1日
香港では旧暦1月1日(春節/チャイニーズ・ニューイヤー)に新年を祝うので、元日の街は比較的普通です。
春節(旧正月)
2月1日~3日
中華圏のお正月は旧暦(太陰暦)の1月1日です。2022年は2月1日が旧暦元日です。香港では元日から3日間が祝日になります。
2023年以降の旧暦元旦は以下の日程になります。
 2023年1月22日
 2024年2月10日
 2025年1月29日
清明節(掃墓節)
4月5日
「清明」とは、1年を24に分ける「二十四節気」のうち、春分の次の節気です。春先の清らかな様子をあらわす「清浄明潔」という語をちぢめて「清明」といいます。
中華圏では、清明節に墓参りをする習慣があります。日本でいえばお盆のようなものです。そのため「清明節」は「掃墓節」(Sao Mu Jie)とも呼ばれます。
聖金曜日・耶蘇受難節(レント)
4月15日、16日
キリスト教の祭日です。
イエス・キリストが十字架で処刑された日(聖金曜日)と翌日(土曜日)の2日間が耶蘇受難節(レント)の祝日です。
イエスの復活を祝う復活祭(Easter)は、毎年「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」と定められており、その前々日が聖金曜日(Good Friday)になるので、この祝日の日程(日付)は毎年変わります。
復活祭翌月曜日(イースター・マンデー)
4月18日
復活祭(イースター)の翌日(イースター・マンデー)は、ヨーロッパの多くの国と同様、香港でも祝日になっています。
労働節/メーデー
5月1日(2日に振替)
労働者の日、インターナショナル・レイバー・デイ(メーデー)です。英国植民地時代の香港では祝日ではありませんでしたが(イギリス本国でもメーデーは法定休日ではありません)、返還の翌々年(1999年)から中国本土に倣って祝日とされました。
ちなみに、労働節が祝日に加わった際に、年間祝日日数を一定に維持するために、その前年に祝日になったばかりの「抗日戦争勝利記念日」(8月第3月曜日)が公休日からはずれました。
仏誕節
5月8日(9日に振替)
お釈迦様の誕生日。旧暦の4月8日です。香港が英国から中国に返還された1997年の翌々年(1999年)から祝日になりました。
端午節
6月3日
香港の端午節は旧暦5月5日です。端午節の恒例行事としては、ドラゴンボート(龍舟)のレースが有名です。世界最大規模、100チーム以上が出場する赤柱(スタンレー)のレースのほか、香港仔、沙田、屯門など各所でドラゴンボートレースが開催されます。
香港特別行政区成立記念日
7月1日
香港は1997年7月1日に英国から中国に返還されました。主権移譲の式典は、1997年6月30日の晩に、英国のチャールズ王子と江沢民中国国家主席が出席し、湾仔の香港会議展覧中心で挙行されました。
毎年7月1日の朝には、香港の行政長官や行政会議議員、政府高官らが出席して、香港会議展覧中心前の金紫荊広場で記念式典がおこなわれます。
中秋節の翌日
9月11日(12日に振替)
中秋節(旧暦8月15日)は中華圏の三大節句のひとつです。旧暦にもとづく祝日なので、毎年日付が変わります。2022年の中秋節は9月10日です。香港では中秋節の夜に家族で食事を共にする習慣があるため、その翌日が休日(祝日)になっています。2022年はさらに振替により翌月曜日(12日)が祝日になります。
国慶日(中華人民共和国建国記念日)
10月1日
中華人民共和国の建国記念日(国慶節)です。1949年10月1日、毛沢東は北京の天安門の上に立って、中華人民共和国の成立を宣言しました。
重陽節
10月4日
旧暦9月9日。二つの奇数(陽)が重なるため重陽節と呼ばれます。
漢代の伝説にちなみ、この日には山登りなどのスポーツをするとよいと言われます。この日に墓参りをする家庭も多いようです。
クリスマス
12月25日(27日に振替)
中国語でクリスマスは聖誕節。香港では、仏教、道教の信者が多いのですが、歴史的経緯からキリスト教徒も7%程度います。ちなみに、日本ではキリスト教徒は人口の1%程度です。
クリスマスの次の平日
12月26日
香港ではクリスマスの次の平日(Boxing Day)も祝日になります。

祝日の出典

  1. 香港政府公式サイト(公衆休日):「2022年公衆假期」
  2. 公衆休日の根拠法令「公衆假期條例」
  3. 香港政府労工処 法定休日一覧 「法定休日」
  4. 公衆休日と法定休日の違いについては、備考の3を参照してください。

備考

  1. 上に記載した休日は、香港政府が定める「公衆休日」(Public Holiday)です。香港の一般的なカレンダーはこの「公衆休日」に従って作成されています。政府機関のほか、金融機関や大手民間企業はおおむねこのスケジュールで休業します。
  2. 「公衆休日」が日曜日と重なる場合には翌月曜日が振替休日になります。香港では週休二日制がかなり普及していますが、土曜日は法律上は振替休日の対象になっていません。
  3. 「公衆休日」(年間17日)のなかには、雇用条例(日本の「労働基準法」に相当)が定める「法定休日」(年間12日)に該当する日と、該当しない日があります。
    「法定休日」に該当する日には雇用主は労働者に休日を与える義務があります。「法定休日」は「公衆休日」のうち次の12日です(詳細は香港労工処「雇用条例指南」第四章参照)。
    • 元旦
    • 春節(3日間)
    • 清明節
    • 労働節
    • 端午節
    • 香港特別行政区成立記念日
    • 中秋節の翌日
    • 国慶日
    • 重陽節
    • クリスマスまたは冬至…どちらか1日。雇用主が選択する。
    一般論としては、官公庁や大企業のホワイトカラーは「公衆休日」に従って休業し、中小企業や個人事業主の従業員、ブルーカラーの職種では、法律が要求する最低基準である「法定休日」のみとなる傾向があるとのことです。
  4. 香港では、この年間12日の法定休日を5日増やして公衆休日と同じ年間17日にする法改正を準備中です。人件費の増加の負担などを考慮して、増加は2年ごとに1日追加の漸増的なものとし、2030年に両者を同日数にすることが検討されています。