韓国の祝日・休日カレンダー 2018年

韓国の祝日と休日 1月~6月

JAN (1月)
smtuwthfs
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
FEB (2月)
smtuwthfs
 1123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
MAR (3月)
smtuwthfs
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
APR (4月)
smtuwthfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
MAY (5月)
smtuwthfs
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
JUN (6月)
smtuwthfs
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 元旦 1月1日
  • 旧正月(ソルラル) 2月15日~17日
    2018年の旧暦元旦は2月16日です。韓国では旧暦元旦を挟んだ前後3日間(旧暦大晦日から旧暦正月2日)が旧正月の連休です。
    旧正月は旧暦(太陰暦)に基づく行事なので、新暦(太陽暦)上の日付は毎年変わります。
  • 三一節(三・一運動記念日) 3月1日
    日本統治下の1919年3月1日に始まった抗日独立運動を記念する祝日。
    三一独立運動では約2カ月間にわたり延べ200万人を超える民衆がデモに参加しました。朝鮮総督府による鎮圧の結果、約4000人が有罪判決を受けました。
  • 子どもの日 5月5日(7日に振替)
    日本の「子どもの日」との関連が想起されますが、韓国側の公式な説明では、「1927年に韓国人の童話作家方定煥が提唱した韓国発祥の祝日である」とのことです。
    2018年は土曜日と重なるため、翌週月曜日(7日)が振替休日になります。
  • 仏誕節 5月22日
    お釈迦様の誕生日。旧暦4月8日。
  • 顕忠日(殉国兵士の日) 6月6日
    国家のために戦没した英霊の冥福を祈る日。
  • 統一地方選挙(臨時休日) 6月13日
    韓国では4年ごとに全国の地方自治体の議会と首長の選挙がおこなわれます。投票日は週末ではなくウイークデー(通常は水曜日)で、その日は臨時の公休日になります。

韓国の祝日と休日 7月~12月

JULY (7月)
smtuwthfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
AUG (8月)
smtuwthfs
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
SEPT (9月)
smtuwthfs
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
OCT (10月)
smtuwthfs
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
NOV (11月)
smtuwthfs
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
DEC (12月)
smtuwthfs
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
  • 光復節(独立記念日) 8月15日
    日本による統治の終了を祝う独立記念日。
    ちなみに北朝鮮でも8月15日は祝日(祖国開放記念日)です。
    1945年(昭和20年)8月15日は、昭和天皇が玉音放送をおこなった日。この日、玉音放送は東亜放送(現NHKラジオジャパン)の短波放送により朝鮮半島にも放送されました。
  • 秋夕 9月23日~25日(26日に振替)
    秋夕(チュソク)は旧暦の8月15日です。新暦に換算すると、2018年は9月24日にあたります。秋夕を挟んだ前後3日間が連休になります。
    2018年は連休初日(9月23日)が日曜日と重なるので、26日が振替休日になります。
    秋夕には、日本のお盆と同じように、先祖のお墓参りをする人が多いです。
  • 開天節(建国記念日) 10月3日
    神話上の朝鮮民族の始祖「檀君」による古朝鮮建国を祝う日。「檀君」による建国は韓国では史実として扱われており、韓国人が「韓国には5000年の歴史がある」というのは、この檀君による建国を指しています。
  • ハングルの日 10月9日
    世宗大王によるハングル文字「訓民正音」の創成を祝う日
  • クリスマス 12月25日
    韓国では、キリスト教徒は仏教徒よりも多く、全人口の約30%を占めています(仏教徒は約23%)。このため、仏誕節とならびクリスマスが祝日になっています。

韓国の休日カレンダーの出典

  1. 韓国には年間の祝日全般について定める法律はありません。「祝日に関する法律」(1949.10.1施行)という法律はありますが、これは年に5日の「国慶日」を定めるに過ぎず、この法律に基づいて官庁や会社が休みになるわけではありません。
    上掲のカレンダーは、官公庁の休業日に関する大統領令「官公庁の祝日に関する規定」に基づいて作成しています。韓国の官公庁はこの大統領令に基づいて休業します。
    「官公庁の祝日に関する規定」大統領令第24828号 2013.11.5施行
  2. この大統領令は民間企業には適用がありませんが、慣例上、民間企業の多くは社内規定によって、官公庁と同じ日に休業します。
  3. 民間企業に関しては、年に1日の「労働者の日/メーデー」(5月1日)についてのみ、従業員に有給の休日を与えることが義務付けられています。
    「労働者の日制定に関する法律」(1994.3.9施行)

備考

  1. 韓国では、旧正月(ソルラル)、子どもの日、秋夕(チュソク)の祝日が日曜日と重なる場合、次の平日が振替休日になります。このうち、こどもの日については土曜日と重なった場合にも次の平日が振替休日になります。
  2. 旧正月、釈迦誕生日、秋夕の3つは旧暦を基準とする祝日なので、太陽暦のカレンダー上の日付は毎年変わります。旧正月は旧暦の元旦、釈迦誕生日は旧暦の4月8日、秋夕は旧暦の8月15日です。
    旧歴から太陽暦(グレゴリオ暦)への変換は、たとえばこちらのサイトなどで調べられます。http://www.calc-site.com/calendars/old_calendar
  3. 労働者の日(5月1日)はカレンダー上の祝日ではなく、官公庁や学校は平常どおりですが、多くの民間企業は休日になります。金融市場もクローズします。
  4. 旧正月と秋夕には、日本と同様に帰省ラッシュがあり、交通機関は大変混雑します。店舗も閉店していることがあるので、観光には向かない時期です。