中国の法定休日制度

中国の年間休日スケジュールの決まり方

中国の法定祝日に関する法律は、「全国年節および記念日休暇弁法」という法律です。この法律は建国直後の1949年12月23日に制定され、1999年、2007年、2013年と3度の改正を経て、現在はつぎのように規定しています。

「全国年節および記念日休暇弁法」

第二条 公民全員が休みとなる祝日
(一)新年  1日休 (1月1日)
(二)春節  3日休 (農暦正月1日、2日、3日)
(三)清明節 1日休 (農暦清明の日)
(四)労働節 1日休 (5月1日)
(五)端午節 1日休 (農暦端午の日)
(六)中秋節 1日休 (農暦中秋の日)
(七)国慶節 3日休 (10月1日、2日、3日)

年に2回の3連休と5回の休日が規定されているわけですが、実際の運用上はさらに政令によって日曜日と土曜日を振り替えることにより、長い連休にしています。

中国の祝日振替の例

この振替操作は毎年公布される政令によるので年によって異なりますが、おおむね次のようになっています。

元旦   3連休(法定祝日1日+土日)
春節   7連休(法定祝日3日+2週分の土日)
清明節  3連休(法定祝日1日+土日)
労働節  3連休(同上)
端午節  3連休(同上)
中秋節  3連休(同上)
国慶節  7連休(法定祝日3日+2週分の土日)

振替に使われたもとの土日は振替出勤日になります。どの土日をどの平日に振り替えるかは、規則性がなく、年ごとに中央政府が政令により指定します。このため、政府の公式発表があるまで翌年のカレンダーは判明しません。例年、この発表は12月初旬です。

発表時期が遅く、不便で困まるのですが、それでも一年分をまとめて前年12月に発表する今の方式になったのは最近のことで、2000年代前半までは、各祝日の3週間前くらいにならないと、どの土日に振替出勤すればよいか判りませんでした。その頃に比べると、これでも格段の進歩です。

中国の祝日の変遷

祝祭日に関する法律は、これまで下記のように変遷しました。

建国当初 1949年版

中華人民共和国建国当初の祝祭日はこうなっていました。

「全国年節および記念日休暇弁法」
(1949年12月23日政務院発布)

全国の年節および記念日の休暇を統一するため、以下の各項のとおり定める。
一、新年    1日休  1月1日
二、春節    3日休み 旧暦の1月1日、2日、3日
三、労働節   1日休み 5月1日
四、国慶記念日 2日休み 10月1日、2日

出典:http://wenku.baidu.com/view/32751666783e0912a2162a5b.html

このときの法律では、中秋や端午などの中国伝統の祭日は法定休日にはなりませんでした。
新暦・旧暦それぞれの新年のほかは、社会主義らしくメーデーと、あとは建国記念日のみです。

のちに、1960年代半ばに始まる文化大革命の時代には、伝統的習俗に根ざすものはすべて忌むべき古い因習として批判されたため、春節(旧暦正月)の休日は運用を停止されました。
中国で春節の休暇が復活したのは、毛沢東が死亡し、鄧小平により思想・経済の開放政策が実施された後の1980年です(参考:「新中国放暇制度研究」王継軍(内江師範学院副教授)人民論壇(総第406期))。

この1949年制定の法律は50年にわたり改正されませんでしたが、その時々の政治状況によって異なる運用がされていたわけです。

経済発展期 1999年改正(2000年施行)

初めて法改正がおこなわれた1999年は、中国の経済発展が本格化し、都市部を中心に中産階級が増加した時代でした。このときの改正で、労働節と国慶節の休日日数が増えました。

「全国年節および記念日休暇弁法」
(1999年9月18日国務院発布)

第二条 公民全体が休みとなる祝日
(一)新年    1日休 (1月1日)
(二)春節    3日休み(旧暦の1月1日から3日)
(三)労働節   3日休み(5月1日から3日)
(四)国慶節   3日休み(10月1日から3日)

出典:http://www.gov.cn/zwhd/2006-09/25/content_397641.htm

実際の運用は、土日を振り替えて繋げることで、年に3回の7連休となっていました。

元旦  1月1日
春節  旧暦1月1日から7日 (7連休)
労働節 5月1日から7日   (7連休)
国慶節 10月1日から7日   (7連休)

旅行好きには嬉しいカレンダーでした。

2007年改正(2008年施行)

2007年の改正では、労働節(メーデー)の休日が3日から1日に減る一方、中秋節、清明節、端午節が法定休日に指定されました。年間の祝日日数は1999年版より1日増えて11日となりました。

「全国年節および記念日休暇弁法」(2007年12月14日国務院発布)

第二条 公民全員が休みとなる祝日
(一)新年  1日休 (1月1日)
(二)春節  3日休 (農暦大晦日、正月1日、2日)
(三)清明節 1日休 (農暦清明の日)
(四)労働節 1日休 (5月1日)
(五)端午節 1日休 (農暦端午の日)
(六)中秋節 1日休 (農暦中秋の日)
(七)国慶節 3日休 (10月1日、2日、3日)

出典:http://www.gov.cn/zwgk/2007-12/16/content_835226.htm

目を引く変化は、中華民族の伝統的祭日が法定休日になったことです。
文革期の中国では春節(お正月)すら古い因習として否定し、文化財や古寺を破壊してまわった極端な進歩主義が社会を覆いましたが、そういう時代はもう遠くなったわけです。

2013年の一部改正(2014年より施行)

2013年12月には、春節の連休に関する小改正がありました。2013年までの春節は、除夕(旧暦大晦日)から始まる7連休でしたが、2014年は後ろに1日ずれて初一(旧暦1月1日)から始まることになりました。

「全国年節および記念日休暇弁法」の改正に関する国務院の決定
(2013年12月11日国務院発布)

第二条第二項を、「(二)春節   3日休 (農暦正月1日、2日、3日)」と改正する。

出典:http://www.gov.cn/zwgk/2013-12/11/content_2546227.htm

この法改正が発表されたのは2013年12月11日でした。
事前には変更の可能性すら報道されておらず、まったく突然の改正でした。例年どおり大晦日(1月30日)から連休になると思って帰省のチケットを準備した人は少なくありませんでした。海外旅行をキャンセルする人も続出しました。国民生活への配慮に欠けた政府のやり方に、ネットには怨嗟の声があふれました。

実に上意下達型の社会であると、いまさらながら感心した次第です。

2015年の祝日

2015年は、2014年の反省を踏まえて、春節連休の開始日が旧暦大晦日に繰り上げられました。つまり、2013年までと同様に、旧暦大晦日から旧暦1月6日までの7連休となります。

なお、2015年の中秋節は9月27日で日曜日にあたるため、例年ならば月曜日が振替休日となる3連休になるところ、2015年はその数日後に国慶節の連休が始まってしまうため、例外的に振替休日は設けられません。そのかわりに国慶節連休の代替出勤日が1日減らされ、プラスマイナスゼロの帳尻合わせがおこなわれています。

また、例年は休日にならない抗日戦勝記念日(9月3日)が、2015年に限り、法定休日に指定されました。

※ 2015年の抗日戦勝記念日について

中国では毎年9月3日が「抗日戦勝記念日」です。
日本が第二次大戦の降伏文書に調印したのは1945年の9月2日で、この日は連合国軍にとっての戦勝記念日となりました。中国では当時の中華民国政府が翌3日から5日までの3日間を休日にしたため、以後、毎年9月3日が抗日戦勝記念日とされました。

中華人民共和国の建国後は、抗日戦勝記念日は重要な記念日ではあるもの、法定休日ではありませんでした。
2015年は、戦勝70周年の記念行事が大々的に執り行われることになったため、特別に法定休日に指定されました。この日、役所や学校、一般企業は休業します。

2015年9月3日には、北京の天安門広場において大規模な軍事パレード(閲兵式)が挙行される予定です。
中華人民共和国は1949年の建国以来14回の大規模な軍事パレードを挙行しましたが、いずれも10月1日の国慶節(建国記念日)の期間中におこなわれました。国慶節期間以外に大規模な軍事パレードが執り行われるのは、建国以来初めてのことです。